堀北真希diary

堀北真希にささげるブログ。             

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060213004325.jpg

20060213004439.jpg
(C) レミオロメン「3月9日」 SPEEDSTAR RECORDS


全国の「行きたくても劇場に行けない」ほりきたfanのために更新します。

「なぜ春の居場所レビューに3月9日?」と思った方多いと思うんですけど、
ponさんの『ダンガー』の記事をみれば理由はわかります。
(ダンガー・・ややウケです。笑)
作品の世界観がそっくりなんですよ。
服装とか真希チャン自身も役的に似てるし。
大まかにいうと、3月9日と放課後。をたして2で割ったって感じですかね。わかりますか。
「放課後。」ほど明るい設定ではないけど、
「3月9日」ほど淡々としていない。っていう・・。
カット割りおもしろいです、なんかBS-iの作品っぽい印象受けました。
教室だったら周りの生徒の騒ぎ声も入ってるし、
道路だったら車やバイクの騒音も普通に聞こえる、
河川敷だったら(おそらく東武線の)電車が通過する音とか、風の音まで聞こえる。
カメラもコロコロシーンが切り替わるわけではなく、ひとつのシーンをじっくりと撮っています。
リアルタイムで時間が流れているような感覚になりました。
加えてその辺のしがない商店街(失礼)とかでのシーンが多かったせいだと思うんですけど、柏尾芽衣子ってその辺にいるような、普通っぽい、いや普通の子なんだなぁと思った。

内容についてはどこまでふれていいのかわかりませんが・・

役柄的には柏尾芽衣子と「放課後。」の真由子は雰囲気だけちょっと似てると思います。
まぁ服装が似てる、っていうのもあるんですが。
真面目で成績優秀、だけど少し地味な女子高生なんですけど、母親がなく父親はほとんど家にいない。家政婦と二人暮らしで、「頭がいい」としか言われない自分に疑問を感じている、どこか暗さのある女の子役。

柏尾はあまりハシャぐタイプではないんですけど、相方がすごいハジけてる(笑)
いつも授業中に手紙交換してる親友のコがいるんですけど、柏尾とは対照的なんですよね。
そんな二人のやりとりが対照的でおもしろかったり。
はじめは柏尾がどーいう子なのかよくわからなかったけど、
話が進むにつれてだんだん理解できてきたと思う。
相方がなんか話してても時々「ふ~ん・・」って適当に聞いてたり、手遊びして影絵の「きつね」やら「かたつむり」やらの練習してる。(そうなの?)柏尾はきっとB型だろうなー(笑)

でもいまだにカシオがゼンコーを好きになった理由がよくわからない。
って人を好きになるのに理由はいらないか(何
「ダンガー」のくだりとかでゼンコーが思わせぶりにカシオに話しかけたり、
弁当食べてるときに「もーらいっ」っておかずとりあげたりしてやたらからんできて。
そんなひとつひとつの行動にカシオの心が揺れ動くんですけど、ゼンコーはというと・・



『座ったらいいじゃん』って、優しさなのかなー







柏尾は親友から「メーコはいいよねー、大学行くんでしょ?あたしなんかケーキ屋の娘ですから。専門学校でも行こうかなぁー」みたいなことを言われるんですけど、柏尾自身は『将来自分が何をしたいのか』『何を目指すのか』決まってる親友がうらやましいんですよね。自分は大学へ進学するのも「なんとなく」だったり・・。


そんなある日、善行からメンツが足りないので麻雀をやろうといわれ、家に呼ばれます。
待ち合わせ場所から歩きながら「寒いときに食べるアイスはおいしい。」と、善行。
実はつい最近、柏尾も同じセリフを口にしていた。
朝まで麻雀に付き合い、親にウソをついてやむえず外泊をする柏尾。
翌朝駅までの道を善行に送ってもらうことになって、確かバス停だったと思うんですけど、
そこで「自分(柏尾)はどうしようもなく善行が好きなんだ」と気づきます。



それから十数年がたち、新しい職場で善行との偶然の再会を果たす-





結局「柏尾の恋物語」じゃなくて、
「自分の居場所はどこにあるのか」探す芽衣子を描いた話だったんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
2006.02.13 01:59 | 春の居場所 | トラックバック(-) | コメント(8) |
今日(2/11)ワーナーマイカル板橋にて初日舞台挨拶。
行けないけど。


テアトル池袋でレイトショーも行われます。
自分推しの映画です~行ける方はぜひ劇場へ!
(詳細は右下バナー「春の居場所」から)




撮影~公開までがギネス級に早い「春の居場所」プロジェクト。

野ブタ。クランクアップ直後に撮影されたという役、カシオは果たして・・
あらすじ見た感じじゃあかなり推しなんですけど。


















追記。
M-sideで書こうと思ったんですけど、うまくつながらなくて困った。
のでー こっちで書きます。


今日(2/12)はるいばとケー刑事観てきますー!
地方住まいの自分にとってはなかなか思い切ったプロジェクト 笑
ルート選びに悩むんですよね。


ケー刑事もそうですけど、やっぱはるいば良さそうなんですよねぇ。
たしかponさんのブログで言われてた「3月9日のPVみたいな映画」ってなんかわかりやすい (ノ∀`) あんま「エンターテインメント」してない映画好きなんですよねぇ、記憶新しいのは年末のBS-iクリエイターズボックスとか。作品の雰囲気を大事にしてたりだとか、監督さんの色がすごい出てる映画って個性あっておもしろいんですよ。


とあるサイトさんからの引用ですけど・・

『小さくて地味でパンフも売ってなくて、
DVD化もなさそうで、
全国で2館しかやってなくて、
2館合わせて1日3回しか上映がなくて、
赤字間違いなしの映画だけど、
制服似合ってるし、
二度と見れないであろう○○シーンもあり、
いい演技してた、印象は非常に良い。
派手さがない変わりに役者の力が求められるような作品だったから、
これからもこういう映画に出て実力を伸ばしてもらいたい。』


これ読んで、
すげぇ観たいと思ったし。

DVD化もなさそう、全国で2館しか上映しないなんてものすごいプレミアム感ありますよね(笑
舞台挨拶は行けなかったけど、真希FANの底力見せます-



何より驚いたのは、三丁目の夕日がまだロングラン上映中だってこと。
2006.02.11 00:57 | 春の居場所 | トラックバック(-) | コメント(0) |
『 映画化にあたって何よりも重要だったのは、主役の人選であった。

映画製作にあたって重要となるキーファクターは多く存在するが、
今回の作品の場合、原作者のイメージがかなり反映されたものであり、
その原作者と主役のキャラが相反すると、視聴者は感情移入が出来なくなる。
そのような状況を生まないためにも、主役の人選はとても難しいものであった。

原作を読んでいて、真っ先に名前が浮かんだのが堀北真希。

ただし、彼女は連続ドラマのヒロインの真っ最中。
流石にスケジュールをとるのは難しいと思い、他のキャストをイメージしてみた。

しかし、他にキャストイメージが浮かばない。

意を決し、事務所に連絡をする。
担当のマネージャーから、「難しいかもしれませんが、検討します」という返事。
それから、数週間。
ダメかと思い、沈痛な面持ちで新キャストを考え出した時、電話がなった。
「スケジュール的にきついですが、可能であれば…」という返事。
「ぜひお願いします」私の回答はこれしかない。こうして主演キャストは決まった。

撮影から劇場公開までまる2か月。
史上最速(?)の映画プロジェクトが始まるスタートの一声となったのである。 』
Copyright (C) 2005 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.



堀北真希主演の映画公開が決定しました。
「春の居場所」 です。
http://promotion.yahoo.co.jp/cinema_selection0511/
なぜこのタイミングで?と思いましたけど、↑なるほどそーいうことなんですね。
超ハードスケジュールの中での映画主演決定・・
「真希チャン疲れてないかな?」っていう声多いと思います。
健康には気使ってると思いますよ~オタクですし(笑


あらすじ見た感じではけっこーいい感じ。
『淡く繊細な恋愛感情の忠実な描写』に挑んでいるらしいです。
今回は「学校の人気者」で優等生役。
野ブタ。とは全然違って(笑)「堀北真希」として本気出せるので、
小谷信子よりもわかりやすく真希チャンの良いとこが観れると思います。何より主演ですし。
撮影→公開まで二ヶ月(!!!)、というハンパないプロジェクト。
もう「頑張ってください」と言うしかないです。。
公開予定は来年二月。


あ、遅くなったけど、真希チャン主演決定おめでと~!
映画主演は「渋谷怪談2」以来・・かな?



んで、キャストみてびびりました。なんと、あの

城咲仁サマも出演!!
ご存知、元カリスマホストの「城咲仁」とはこの人のこと!これ女性ファン増えるなw(笑)
いや仁サンの笑顔、ステキだと思いますよ・・(何
2005.11.29 22:36 | 春の居場所 | トラックバック(-) | コメント(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。