堀北真希diary

堀北真希にささげるブログ。             

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ライブチャット振り返り終わりました、
一気に10更新ほど、見てくださった方ありがとうございましたm(__)m

堀北真希ちゃんの出演作としてはめずらしく重くて赤裸々な描写が多く、
竹山のくだりあたりで嫌な気持ちになりながら更新してたんですけど、
「少しづつ・・」更新の
>まず外に出たら、大きく深呼吸して上を見てごらん。
「わぁ・・空って、こんなに高かったんだ。」
のあたりでなんか救われました、空を見上げる姿が抜群に似合う人ですねー

殺人を犯すシーンには驚きましたよ、真希ちゃんコワすぎです(笑
これなら着アリ相当期待できますよ。
「何がなんだかわかんないうちに刺してしまった」
殺す気ありありではない、体が勝手にうごいて気がついたら刺していた、
みたいな難しそうな表現も、
目線で演技するのがうまい人なのでうまくこなしてたと思います。

そして再会した二人が謝罪しあうシーン。
あそこで優奈が涙流してたら、
自分も画面の前でウルッときてたかもなぁ~。おしかった。

今回の「翼の折れた天使達」で、
ライブチャットはやっぱ真希ちゃん以外には適役いないと思いました。
上戸・山田・上野・・なんかイメージ違うんですよねぇ。
『タローさん』が優奈に言った、
「やっぱり君は笑顔のほうがいい」なんていうセリフがものすごく
当てはまるじゃないですか、真希ちゃんって。

その他にも「こんな細かい演技できるんだなぁ」って感心しました、
よくよく見るとほんとすごいことやってますよ。
目線とか、声の強弱とか、喋るタイミング、とか。
顔アップのシーンがほとんどだったので、
実質「顔で演技した」作品だったと思います。
真吾の家に走っていくシーンはスニーカーで走らせてあげたかった (ノ∀`)


この振り返りを見るときは、ぜひ「RESISTANCE」聞きながらどうぞー!








明日はいいとも、ガチャポン最終回。
見逃したらあんたのステップずれてるよ♪(*゜∀゜)
スポンサーサイト
2006.03.20 00:28 | 翼の折れた天使達 | トラックバック(-) | コメント(2) |
20060319230714.jpg

>遅れるな 真吾
優奈「わかってる。」




人には、必ず二つの顔がある。

醜い面だけが、あなたのすべてじゃない。

大事なのは、目をそむけずに自分と向き合うこと。

その二つの面があってこそ、人なのだから-

2006.03.19 23:16 | 翼の折れた天使達 | トラックバック(-) | コメント(0) |
少しためらいながらインターホンを押す。
「あの・・」



一言喋る前に、門の鍵が開いた。
門を開けゆっくりと家の前に進む優奈・・




そして玄関のドアから出てきたのは・・車イス姿の真吾だった。

20060319212820.jpg


「こんにちは、タローさん。」

「どうしてわかったの?」

「私が事件のことを話したとき、
 『真吾は障害を負った』としか言わなかったのに、最後のチャットのとき
 タローさんは『車イスだ』って口をすべらせたから。」


「・・そっか。」






20060319212918.jpg

「・・どうして?何であたしのために?
 あたしのこと恨んでるんじゃないの!?



「そりゃ、はじめは恨んださ。
 でもある日たまたま君のことを知って『タロー』として接していくうちに、
 君がどれだけ苦しんでるかを知った。
 あの事件で苦しんでるのは自分だけじゃない、
 ・・そう思ったら、君をそのままにしておけなくて。」


「もとはといえば僕の心の弱さのせいだ。
 あのときの心の弱さが、結果として君をこんなに苦しませてしまった。
 顔をあわせる資格なんて、なかったんだ・・。」

  
「ほんとうに、すまなかった。」
「真吾・・」


20060319213050.jpg


「人には二つの顔がある。そう教えてくれたのは真吾じゃない?
 あたし、二年前のあのときの真吾が真吾のすべてじゃないって思ってる。
 あたしを励ましてくれたタローさん、あれがほんとの真吾なんじゃないかって・・
 そう思ってる。」


「本当に・・・ごめんなさい。」
2006.03.19 22:07 | 翼の折れた天使達 | トラックバック(-) | コメント(0) |
息を切らし電車に飛び乗る優奈。

20060319210915.jpg



 
『あなたしかいない、間違いない。』





そして、たどり着いたのは・・・

20060319211046.jpg
2006.03.19 21:23 | 翼の折れた天使達 | トラックバック(-) | コメント(0) |
新城「おい、わたしだ、新城だ。
   どうした、二日も面接日をすっぽかして具合でも悪いのか?」



優奈「・・帰って。」

新城「おい、とりあえずここを開けてくれ!」



優奈「いいから帰って!
   もう一人にしておいてよぉ!!」



新城「・・・・。」











『人は誰でも、二つの顔を持っている。
 何も君一人が特別なわけじゃないんだ。』


20060317122157.jpg

20060319200516.jpg






『確かに彼が車イスの生活になってしまったことは残念だ。
 -でもだからといって、君が今のままでいることがいいとは思えない。』



20060319200201.jpg


「・・・・・。」

何かに気づいた優奈は、どこかへと走り出した・・
2006.03.19 20:36 | 翼の折れた天使達 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。