堀北真希diary

堀北真希にささげるブログ。             

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
レミ 「えびのプリプリしたとこって、筋肉なんだってねぇ」
マシュ 「食べにくいわ!」

20050629224148.jpg
「マシューズベストヒットTV」に出演した秘蔵っ子、真希ちゃん。


明日の「新どっちの料理ショー」に、堀北真希ちゃん出ます!!
gk9の宣伝だけ、とかないですよね(^^; 冷やし中華VS坦坦麺どっち選ぶのかなー?あれ、結構周りの意見に左右されるんですよね。今回はレミパンいないから、ゆっくり食べられるよー(笑)食べて嬉しそうな顔も見たいけど、ハズレて「あー」っていう、ものほしそーな真希ちゃんも見てみたい。こーやって真希ちゃんをTVで見れることに、なんか幸せを感じるなぁ。

そういえばなんとなんと、「エンパラナイト」にも出るみたいですよー
7月は真希不足とかなしですね。
スポンサーサイト
2005.06.29 23:30 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(0) |
山田葵はまだですかぁ? 「も~すぐだよ・・」

20050627211029s.jpg
(C)mobcast <学校の階段・文化祭編>

7月は「堀北真希月間」ということで、かつてないほど情報があふれてきてます。
とりあえず整理してみましょう。

<雑誌情報>
(公式に載ってる?情報)
6/4 『CIRCUS』
6/6 『スピリッツ』
6/7 『POTATO』
6/7 『SPA!』(セブンイレブンのみ)
6/10 『CMNOW』
6/17 『バアフアウト!』
6/19 『サンデーGX』
6/24 『アップトゥボーイ』
6/24 『Street Jack』
7/1 『Audition』
7/1 『De-View』
(それ以外)
インタビュー(舞・逆境ネタ)が載ってます。
『月刊SKYPerfecTV!』(ぴあ)
『スカイパーフェクTV!ガイド』(東京ニュース通信社)
『スカパー!110TVガイド』(東京ニュース通信社)
『ファミナビ7月号』
『映画秘宝8月号』 グラビア6P&インタビュー。浴衣姿にサマーワンピースでカワイイ!
『smart8月号』 「新世代ガールズ白書」にインタビュー&グラビア1P載ってます。
『ピクトアップ#35』 逆境ナイン記事数カット

自分が調べたのはここまで。他にもあるかもしれません。
公式に載ってるものは『バアフアウト!』以外はチェックしました。特にオススメは『CIRCUS』『スピリッツ』『CM NOW』『アップトゥボーイ』ですね。アップのほりチャレは見ててすごく楽しそうでした。お世辞抜きで、運動神経いいんですね~。あと『smart』はインタビュー項目が多くてタメになりました(笑)『street jack』が白黒とは思わなかったよ~(^^;
『映画秘宝』がすごく評判いいんですが、まだ見れてません・・。


<エンタメ情報>
6/30 21:00~21:54 日テレ系 『新どっちの料理ショー』
gk9宣伝に玉鉄さんとゲスト出演の模様。今現在一番アツい情報です。
どうやら対決は、坦坦麺VS冷やし中華みたい。
なんか冷やし中華選びそうな気がするけど・・?

7/1 min.jam「学校の階段」ブロードバンド配信
7/1から真希ちゃん出演の『秋・文化祭編』が配信開始されます。
ケータイ版とは演出が異なる、とのことなので見れる方はぜひチェックを。
サイドバー最下方にリンクあります。

7/2(土)後2:00~4:00フジ
「夏のドラマツアーズ」

7/7(木)後3:00~3:30フジ
「電車男番宣」

CX系「電車男」レギュラー出演
7/7~(毎週木) 22:00~ 主人公の妹・山田葵役
要注目の連続ドラマ。久々連ドラ出演、期待がかかります。
どうやら毒舌キャラらしいとのことで、今までにないバターンの真希ちゃんが見れそう。

7/13(水)深夜27:08-27:38フジ
「HINOKIOの秘密」

(出演するかも?)
7/3 深夜2:25~2:55 「逆境ナイン」 日テレ系
6/30(木)・7/1(金)日テレ系『ザ!情報ツウ』(月~金の午前8時~10時25分放送)

(映画)
7/2(土)公開 「逆境ナイン」 月田明子役
逆境ナイン初日舞台挨拶
◆◆ 渋谷アミューズCQN ◆◆
11:00の回終了後
◆◆ 新宿ジョイシネマ3 ◆◆
13:00の回終了後
◆◆ 池袋シネマサンシャイン ◆◆
18:00より
詳細はこちら→ http://www.gk9.jp/news.html
gk9についてはいろいろ情報ありすぎるので割愛;

7/9(土) 「HINOKIO」 昭島江里子役
丸の内ピカデリー2他全国松竹・東急系にて公開
7/9に初日舞台挨拶決定!! 詳細は、HINOKIO公式サイトで。

<その他>
スピリッツ特別編集写真集 「ひこうきぐも」
7/20全国書店コンビニで発売!980円・小学館
DVDは7/25頃発売。
発売を記念して7/24に都内某スペースにて、『ホリキタ・サマーパーティー』開催!
120名限定。ファンクラブでも20名抽選で招待してくれるそうです。応募受付は終了。

「逆境ナイン」試写会動画
YAHOO!!⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/video_gallery/showbizzy_interview/g050669.html
goo⇒ http://bb.goo.ne.jp/contents/KYDGNC/KYDGNC200506270003/index.html


情報は以上。いろんなとこから引用させてもらいました。
TV出演は映画・電車男広告がほとんどですね。
まあ、出てくれれば何でも嬉しいんですが(^^;
gk9とヒノキオも、ついに公開。待ちに待ちました・・。
もう頭の中では岡村孝子さんの歌が流れてます。それはそれ、これはこれー!
「ひこうきぐも」非常に期待してます。いろいろ物議を醸し出しましたが、結局真希チャンは真希チャン。それが言いたい。
なお、情報ハズれてても責任はもてませんので、あしからず。。
2005.06.28 04:52 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(7) |
生まれたばかりのふにゃにゃにゃ~にゃ~コットンフィールで~♪


コットンコットンコットンコットン・・・・・ピュアコットン

日清紡HP⇒ http://www.nisshinbo.co.jp/cottonfeel/index.html


堀北真希diary(MAkiMAki☆FanClub)を前から見て頂いてる方は、もしかすると覚えてるかもしれませんが、実はこのブログでは『堀北真希さんの本当の魅力が何なのか』を探求しています。

「無条件で可愛い」「しぐさがステキ」「笑顔がめちゃカワ」「一言一言に共感できる」「奥ゆかしい感じ」「性格良さそう」「ありえないオーラ」などなど、いろんな魅力がありますね。(僕の独断&偏見ですが)挙げたらキリがないです。星の数ほどあるミリョクなんですけど、そんな中で本当に僕が堀北真希にここまで惹かれてる理由ってなんなのかな、って日々思ってるワケです。こんなに熱入れて応援するのって、おそらく最初で最後でしょうしね。で・・その理由が「その先の私を見に。」を見てほんの少しだけ解明された(ような気がした)んです!


では説明しましょう。
今回ものすごく参考にさせてもらったのが、makimaki.DBR(現:堀北真希blogⅡ)さんのNONFIXリフレクト。というか、「かんりにんブログ@東京」さんもですが。引用させてもらうと、

『そんな時に出てくる言葉が彼女自身だし、台本にはない生きた言葉が聞こえてくる』(かんりにんブログ@東京管理人さん)

『真希ちゃんが発する物全てに真希ちゃんを感じる。これを、これが言いたかった』
(新一さん)

ってとこなんですね。

そーなんですよ。
全てがオンリーワン。誰にも例えられない、真希チャンは真希チャンなんです。
こないだのNONFIX観てそう思いました。
女優業に関して「演技が未完成」とか「堀北真希の演技って・・」ってゆう話を僕聞いたことあるんですけど、僕ぁそうゆう風には思わない。なぜか。簡っ単です。あれが、堀北真希だからですよ。未完成、って言い換えると「どの型にも当てはまらない」ともいえると思うんです。それが、『彼女自身の演技。』上手い下手じゃなく、あれが女優・堀北真希なんですよ。よくありがちな、「型にはまった演技」よりもよっぽど魅力的じゃないですか?そりゃー女優さんとしてまだまだ勉強することあるとおもうけど、僕は彼女の演技を上手い下手で評価はできないと思う。それ以上の『何か』があるんです。
それは、真希チャンにしかできないしぐさ・表情・雰囲気・言葉・・。

『堀北真希らしさ』
うまく言えないけど、これが彼女の最大の魅力じゃあないかと。
そこに一番惹かれてるのがきっと自分。




・・これで、このブログを続けていく理由も少しわかってきた気がする。

画像引用:Copyright(C)1996-2004 Nisshinbou Industries.Inc.All Rights Reserved (JASRAC許諾番号:9008709001Y45040) 
2005.06.27 01:24 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(2) |
春撮った花見の風景をお店プリントしに行ったんですけど、そこでこんなの見つけました。

フジカラーのパンフです。もちろん無料~。
このカットを見た感想を一言で言い表すと・・




「涼」。  


この暑い中、店頭で一人涼んでました(^^
ポスターはもらえるかわからないけど、これは100%もらえます。
写真のプリントはコンビニではなく、フジカラーのお店に。涼みたい方はぜひぜひ。


真希チャン、浴衣とか金魚とか風鈴とか花火とかすんげー似合うんですけど。
えんがわでうちわであおいでるのとかもーガチですね。
自分、浴衣着てるときの髪型が一番スキかもしんない。
「放課後。」のときも『今日茶道部のシーン出ないかな~』って毎回思ってましたし。笑。
(わかる人にはわかると思います)

・・淡々と書いてますけど、相っ当大好きなんですよ。 ゆ~か~た~♪



もう夏じゃ~ん。暑中お見舞い出そっかな。 
2005.06.26 20:37 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(4) |
改めて、NONFIX その先の私を見に。~少女と鉄道・2005春~ を振り返る。そして感想・・

20050620220406s.jpg

今回のNONFIXについて、「予感」から「旅の終点」まで書いてきました。
これで、僕自身「その先の私を見に。」について詳しく振り返ることができたし、新たな発見もありました。放送見れなかった方もこれ見て少しは雰囲気つかんでもらえたんじゃないかなー、と勝手に思ってます。

実は今回、番組放送直後にアンケートをちょこっととらせてもらってたんですよ。ホント一日ぐらいしかやってなかったんですけど。その中からいくつか紹介させてもらいますね。質問の項目はいくつかあったんですけど、作品についての評判は上々でした。今回も堀北worldにハマッた方は多かったようです。その中で、最後にこんな質問をさせてもらいました。

☆今回の作品を観て、堀北真希さんに対する印象は変わりましたか? (以下回答)

●以前よりも女性らしくなったと思う。
●優等生のイメージに、よく笑う子というイメージが加わった。
●大人っぽくなった。意外にしっかりした考えをお持ちのようです。

「前作とは少し違ったイメージを持った」という方が多かったみたい。
これは堀北さん自身が少し変わったからでしょうね。番組の雰囲気とかはそのまま、だった気がします。あのCMの入り方がすっごく好きなんですよ。僕的にゾクッとくる演出です~ (^^

20050625063206.jpg
こちらとあわせて、もう一度改めて見てみるのもいいかも。きっと新しい発見があります。
今回のアンケートにご協力頂いた方々、ありがとうございました! m(__)m


ここからは、僕個人の意見&感想。

まず、「予感」で書いたように、本気で今回のNONFIXに真希チャンが出るとは思ってなかったんですよ。可能性30%ぐらいにしか思ってませんでした。ほりコレにも発表ありませんでしたし。・・そこにほりコレの会報が来てはじめて、予感が確信に変わったんです。

オープニングからサラッと本編に入ってくのがNONFIXの特徴ですよね。
一日目が一番「旅」っぽかったですかねぇ。純粋にいろんなとこへ行って、いろんな景色を観ることを楽しんでる感じ。田主丸の菜の花畑はキレーだったなぁ~。時間がゆっくりと流れていきます。高千穂鉄道の、「空を飛んでるみたいだった」というのもいい表現ですね。菜の花畑の「絵本の中に入ったみたい」と合わせて幻想的。「まき駅」は、次回も登場するんでしょうか。(^^

二日目は、内容濃かったですね。
ここで「高いところニガテ」ってバレましたね。でもそんなに怖そうには見えなかったけど。・・で、例の「なんだよぅ」。(笑)これは演出じゃないですよねー。(^^; 改めて思ったけど、真希チャンリアクションいいー!反応がおもろいし、カワイイんですよね。渡し舟のくま川さんと会った時のビミョーな空気もNONFIXならでは、でしょう。。あの夫婦との出会いも、何かを伝えてくれた気がします。カヌー部部長(副部長?)と話すところもいいですね~。「私、もうすぐ二年生です」って言って拳で手をポン、と叩くのはすんごい良いリアクション、というかセンスですよね。「さくらまつり」で桜を見れなかったのは残念だけど、そんなとこがまたNONFIXらしい・・というか。このあとのCMの入り方いいな~。DVDでもカットしないでほしいです。

三日目。
少年に語りかけたときの「知らんよ~」で、なんか『女性』というか『お姉さん』だな~って思いました。実際、三姉妹の長女ですしね。今回は子供に話しかけるシーン多いです。次の真幸駅での、「ありがとうございま~す。幸せになります」を聞いたときは、ほんと心から幸せになって欲しいなって思った。それで・・平和記念館でのシーンですよね。NONFIXのHPである程度覚悟はしていたんですが・・いろいろ話があって、最後に真希チャンが「ありがとうございました」って言ったときに、僕もちょっとだけ泣けちゃいました。なんていうか、『川口さんが話してくれた内容に対して』じゃなくて、そういう話に素直に涙したり、流れる涙を拭おうともせず真剣に話を聞いている姿を見たり、最後に聞き終わった後の何か自分の中でひとつ解決したような、納得したような表情を浮かべたのを見たときに、「あー、この番組見れて幸せだな」とか「堀北真希ファンで良かったな~」って心底思ったんですよ。

四日目・・最終日。
えびせん投げて、「もうやだ」っていいシーンだなー(^^ 今回は真希チャンの素のリアクションってのが結構見られた気がする。作家 村上龍の一連のエピソードは、読書好きということで前作の宮沢賢治と合わせて設定されたのかな?「自分を見つけ出す」っていう意味では目的に沿ってますよね。


「その先の私は、ずっと笑顔でいられる気がした。」
いーい言葉です。今回の旅で、真希チャンは何を感じて何を掴んだのでしょうか・・?
2005.06.26 07:43 | 少女と鉄道 | トラックバック(-) | コメント(4) |
旅の最終日、四日目。
熊本港からフェリーに走って乗船する。まだ早朝7時。

「あ、車が乗ってる。すごーい。」

なんと、小型トラクターまで乗ってきた。・・すごい。

これから島原湾を渡って、島原半島へ。約1時間ほどの船旅。
この旅始めて見る海は、残念ながら曇りだった。

20050619183934s.jpg

到着するまで時間があるので、デッキに出てみる。
海鳥が飛んでいた。手に持っているお菓子を試しに投げてみると・・

ナイスキャッチ!

海鳥は絶妙のタイミングでくわえていった。
こうなるとエサをあげるのが楽しくなってくる。・・しかし!!

「きたぁ、うわ~、きた!!!」

段々鳥達もエサをくれるとわかって、数が増えてきた。これはヤバイ。

「もうやだ、もうやだ(笑)」

数え切れないくらいの鳥が集まってきちゃった。
こりゃ~、もうどーにもならない。とりあえず逃げておこう。
ここから、「動物にむやみにエサをあげるのは考えモノだ」という教訓を得ることになった。(笑)(ちなみにこのお菓子、あの「やめられない、とまらない」ってやつだと思うんですけど。ほんとにとまらなくなっちゃったんですね。^^;)

そんなこんなで、島原港に到着。これから諫早駅を目指す。

ここは、あの雲仙普賢岳が噴火した影響で、島原鉄道が大きな被害を受けたところ。
でも、車内は災害のことなど忘れたかのようにのんびりとしていた。

20050619195657s.jpg


ウトウトしているうちに諫早駅に到着。乗り換えて、これから佐世保を目指す。

「ずうーっと、ほぼ一日長い時間、鉄道に乗って・・揺られて、音を聴いて、景色を観て、過ごしてると・・落ち着くかもしれない。」


佐世保に到着。ここで、一人の男性と出会う。
増田清春さん。増田さんは、作家 村上龍と幼なじみだという。
小説『69』のモデルの一人でもあり、実際に村上氏ともバンドを組んでいたらしい。

当時、日本各地で学生運動がさかんに行われていた。
社会権力への反抗が、学生達のステータスだったのだ。
むき出しのエネルギーをぶつけることで、自分自身を見つけようとしていたのかもしれない。
自分がもしこの時代に生まれていたら、果たして自分を見つけることができただろうか。

果たせなかった、増田さん達の「バンドプロデビュー」の夢。
その夢は、息子さん達に受け継がれ、現実のものになっていた。


世代を越えて伝えられる、思い。

世代を越えて叶えられる、夢。

いろんな気持ちが奏でるメロディーを胸に、また鉄道の旅を再会。
「ほぼ一筆書きの旅」も、そろそろ終点が近づいていた。

長崎本線で、旅の出発点博多へ向かう。あとわずか1時間48分で、旅は終わりを迎える。


「生きることって、まぁこんなの私が言うのもあれだけど、生きてることってすごく・・なんか難しい、っていうか、もっと一生懸命になろうと思えたし、もっと今を大事にしようと思えたし・・なんかもっと頑張るぞ、って思えたし・・。」

20050619203000s.jpg


毎日を送ることに、特別な理由はない。
でも大切なのは生きる理由ではなく、どう生きていくのか・・なのかもしれない。
終わりを迎えたこの旅が、そう教えてくれた気がする。

「わがままを言えば、う~ん・・まだ帰りたくないっていうか・・。」

静かに、しかし確実に時間は過ぎ、旅は終わりをつげようとしていた。
PM6:00・・博多に到着。

「地図を見ながら自分でこうやって進んでいくと、日本がどれだけ広いのかが良く分かる。」



あっという間に過ぎてしまった、四日間。

この四日間で出会ったたくさんの人と、たくさんの景色。

そしてたくさんの鉄道の記憶は、これからもずっと私の中で生き続けていくような気がする。


20050619204750.jpg

「・・その先の私は、ずっと笑顔でいられる気がした。」
                      
                     
                                                       fin 
2005.06.19 18:40 | 少女と鉄道 | トラックバック(-) | コメント(4) |
九州「ほぼ」一筆書きの旅、三日目は雨。
これから肥薩線の観光列車、「いさぶろうしんぺい号」に乗る。

この列車は、全国の鉄道ファンに大人気らしい。
その理由は「ループ線とスイッチバック」という特殊なシステムにあるみたいだ。一体何のことだろう。

「スイッチバックのこと、知らんのん?」 
なにやら自慢げに、少年が話しかけてきた。優しく切り返す。
「知らんよ~ 知ってんの?」
「うん知ってるよ。まず・・・(以下省略)」
二日も九州にいるとうつってしまうのか、言葉がなまってきている。
(ループ線・スイッチバックについては割愛)

このシステムは、日本で唯一ここだけのものらしい。それが人気の秘密。
もちろん、教えてくれたのはあの男の子だ。

やがて、「真幸駅」に到着。乗り換え時間は、たったの三分。
「こんにちは、いらっしゃいませ~」
「こんにちは~」 
軒先で、何やらおみやげを売っている。
「ここは~、あの、『幸せの駅』なんですか?」
「そうなんですよ。マ・サ・キって『真の幸せ』って書くでしょ?だからね、『真の幸せの駅です』って。真の幸せの入場券っていうのもあるんですよ。」 
「こういうのです。どうぞ?」
「えっ いいんですか?すいませ~ん。」 
「幸せに。」 
「あっ ありがとうございま~す。幸せになります。」
 
幸せの入場券をもらう。そこには 「あなたの幸せを願っています」と書いてあった。

20050618233746s.jpg


吉松に到着。
ここから、薩摩半島のある場所を目指す。
そこは・・60年前の悲しい歴史を今に伝える場所。

鹿児島中央に着いた。ここから、バスで移動。
行き先は、「加世田平和記念館」。旧日本陸軍の最後の特攻基地として、つくられたものらしい。この場所から60年前、多くの若者が飛び立って行ったのだ。
・・と、ひとつのパネルの前で立ち止まる。

「自分が死んじゃう、その・・前の日かな。子犬抱いて笑ってる、っていうのが・・想像もしてなかった。」
 
そのパネルには、これから飛び立って行くであろう数人の若者が、無邪気な笑顔で子犬を抱いている姿が写っていた。

ここで、当時を知る一人の女性と出会った。
名前は、川口アヤ子さん。

20050618235305s.jpg

ここから飛び立って行った若者達。
その中には、17才の若者もいたという。

「ああいう方達がね、いっぱい爆弾を積んで飛行機に乗って、軍艦に体当たりして帰ってこなかったんですよ。」
当時16才だった川口さんも、特攻隊員との悲しい別れを経験していた。
川口さんは、当時思いを寄せていた賀美さんというひとりの特攻隊員の話を聞かせてくれた。「私が出来ることは・・端切れでマスコットってお人形さんを縫って、お会いしてたんですよ。賀美さんも出撃する前に、前の晩だったと思うんですけど、『マスコット有難う 母上様によろしく』って新しい写真に新しい文字で書いてね、私に渡して下さって、そして・・ここからたっていかれたんですよ。」 

それが、川口さんと隊員との最後の別れだった。

「いま、戦争のことを思い出されるときってありますか?」 
「そうですね。いま貧しかったっていうのは想像も出来ないと思いますよ。死んで行かれた人達のことも、思い出していただきたいですよね。」 


「・・ありがとうございました。」
 
当時同じ16才だった女性の、切なく悲しいエピソード。
自分のことのように胸に迫る話に、涙が止まらなかった。


「幸せ、ってすごく難しいと思うけど・・考える前にこうやって何不自由なく暮らせてることに幸せを感じなきゃなぁ、って思ったから・・。」 

毎日が、決して平凡ではない時代があった。
幸せの意味を、問いただしてはいけない時代があった。

『幸せの入場券』を見つめ、やりきれない思いを抱えながら熊本駅へ向かう。
2005.06.19 01:05 | 少女と鉄道 | トラックバック(-) | コメント(2) |
ブログタイトル変えました。

20050614220640s.jpg

<今週のスピリッツ>
先週のスピリッツも良い写真ばかりだったけど、今週もすごい!!
スピリッツ買いましたか?or見ましたか?香里奈のグラビアの次っす。
1Pですけど、スピリッツのグラビアにはほんっとに驚かされますよ~。それだけ、2nd写真集『ひこうきぐも』への期待も高まります。発売日、決定しました。


堀北真希写真集『ひこうきぐも』7/20 ON SALE!!!
   〃    DVD         7/25 ON SALE!!!!



二日とも普通に平日すね(^^; 予約コースかな・・
「ひこうきぐも」の名前の由来って何だろう・・。1st写真集の「ほりきた進化論」は、まぁわかるけど。。何か意味があるはず。そういえば真希チャン単独のDVDって、初めてですよね。ビデオはあるけど。コンビ二で買えるんでしたっけ??まじかぁ。「ホリキタサマーパーティー」っていう超限定イベントもあるんですね。120名か・・入ったら奇跡だなー。そういえば、ほりコレの方は何か活動ってないのかな?とりあえず、会報はもらえるよね・・。


<タイトルも変更>
昨日のテンプレ変更に伴って、今度はタイトルを変更しました。

Maki Maki☆FanClub ⇒ 堀北真希diary に変更。

「堀北真希さんについてのつれづれ日記」みたいな感じの意味です。
もともとブログって日記みたいな意味合いなんで、「堀北真希blog」に近いかも。笑。タイトル長いと色々と面倒なことがありー、まぁ、TOPがちょっとみにくかったりする、っていうのもありー、(苦笑)あれなのでぇ、変えました。お世話になっているサイトさん方、お手間取らせて大変申し訳ありませんが、わがまま聞いてやって下さい。各管理人様方、ブログタイトル変更よろしくお願い致しますm(__)m &これからもよろしくお願いします♪


<ファンサイト事情。>
僕がブログ始めた今年の2月から今までで、だいぶ「堀北真希ファンサイト事情」も変わってきたように思います。新サイト誕生、更新停止・中止、葛藤、電撃復帰、現状維持、閉鎖・・。
うむぅー。。この他にも、いろいろありました。『ファンサイト』とは違うかもしれないけど、僕のブログなんかは特に何もなく(それはそれでさびしかったりする)ここまできちゃいました。それぞれのサイトさんでは色んな事情・問題があるみたいです。更新が滞っちゃう、っていうのは僕もありがちなんですが、なかなかムズカシイとこですよねぇ。特にブログってのは「更新命」みたいなとこあるんで。。社会人の方は毎日更新、てのはキッツいと思います。ていうか無理。掲示板も・・うーん、言葉ってホント難しいですね~。
 
2005.06.14 23:24 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(7) |
<テンプレ変更>
テンプレートデザインを変更しました。
思えば、今まで使ってたハートのデザインって『バレンタイン限定』のはずだったんですよねぇ。あれ、真希チャンの横顔に見えたりしてちょっとお気に入りだったんで今まで使ってたんですが。実は、テンプレート4枚目なんです(^^; 今回はレミの「3月9日」PVで真希チャンが撮ってる『真昼の月』をイメージしたものに変えたつもりなんですけど、どうでしょうか。
(でも、また変えるかも。)


<リンク追加>
「まきまきブログ」さんをリンクに追加させていただきました。
ひじょーに『アツい』サイトさんです。あれだけストレートに意見を出せるのもうらやましい・・ですね。更新頻度高いです。管理人はshimonuri3さん。こちらもどうぞよろしく。


<そのほか・・>
テンプレ変更に伴って、ヒノキオとmin.jamのバナーを設置してみました。(ほんとはバナーを設置したいがために変更したようなもんで;・・いろいろ事情がありありです。苦笑)
細かいところがまだ調整できておらず、お見苦しい点多々ありますが・・長い目で見てやって下さい(^^; gk9もそのうち設置予定。

やっぱりまきねっとさんはすごい。 うおー
これしかない!っていうレイアウトですよね~。
一瞬、動画かと思いました。笑。あーゆーの、大好きです♪
2005.06.14 02:39 | 更新情報 | トラックバック(-) | コメント(9) |
明日は金曜日、やっと週末です。最近、一週間たつのほんと早い。
なんか土曜・日曜よりも金曜の夜の方が気分的に嬉しくないですか?
すごくワクワクするんですけど。そこで、雑誌情報。
ほりコレには書いてないみたいですが、どうやら「CM NOW」明日発売みたいです。
CM NOWといえば、『コトノハ、きらり。』堀北真希ちゃんのコーナー。
個人的に、単独コーナーとしてはほりチャレより気に入っています。

・・今回はお休みとかいうオチ、ないですよね~ (^^;



あと、お知らせです。
今まで管理人への連絡用にJMAIL使ってたんですけど、新しくなったらログインできなくなってしまったので新しくアドレス取り直しました。

新アド ⇒ makimakifan@clubs.co.jp

5分ほど考えてこれにしました。
まんまですね。何か気になったことがあったらメール送ってみて下さい。
ちなみに、先月後半から今日までに僕宛にメール送ってくださった方は、届いてない可能性強いです。ご迷惑おかけしますが、新アドの方にお願いしますm(__)m



まだNONFIX三日目と感想書いてないなー・・。。三日目が重要な気がするんですが。

梅雨きらいっ
2005.06.09 23:48 | ぼやき | トラックバック(-) | コメント(1) |
「マジっすかぁ~?」  


昨日、gk9本部からメールニュースが届きました。

「逆境ナイン」オフィシャルサイトでは、7月2日(土)から全国で公開される「逆境ナイン」前売り券の販売がスタートしました。ここでしか手に入らない不屈闘志、月田明子のフォトグッズとのセット販売になります! ぜひ、この機会にご注文ください。
gk9本部⇒
http://www.gk9.jp/

なんてゆー内容。


いやね、全然いいんですよ。
だって月田さん(真希ちゃん)めっちゃめちゃ可愛いし。日傘と野球帽とジャージにエプロン?・・・おぉっっ。。なんちゅう組み合わせだ。んーでもすんごい、似合ってしまう。玉鉄さんもかっちょいいすねー。ファンにはたまらんでしょう。

そんで、なんで僕がTOPで嘆いてるかってことですよね。


いやだから・・・・・・・・・・・・・・・









20050523015714.jpg








なんで、『男球?』



・・・・・・っていうツッコミ。


だぁってぇー、「ストラップ」と「フォトグッズ」って全然ちゃうじゃないですか!
説明すると、僕「男球ストラップ付きのgk9前売り券買っちゃった」んです。まさかまきまきメイキング風景のフォトグッズが出てくるなんて完全に想ー定ー外です。予測不可能。んで、写真がまたどれもBEST SHOTなワケですよー!!! スピリッツもCIRCUSも良かったけど、ジャージとエプロンには負けますよねぇ。まきまきってジャージすごく似合うな。やっぱスポーティ。好きー。
エプロンは僕、見たの舞以来ですね。「舞様のお料理教室ー!!」とかいう、あれですよ。大好き。
かくなるうえは・・・



何枚前売り券買えばいいんですかーーーーーー aicon_bbs07.gif



もちろん二回以上は見に行くつもりだけど、さすがにサイフにも響きますよ。だって7月のまきまきすごいんだもん。ひじょーに、悩む。でもまきまきかわいいー。額入りのやつとか買ったら家宝だな。どーしょお


・・もしかして、こーいうときに使うんでしょうか。



「くそぅ なんでだよー。」 (笑


まきまきだから許しちゃいますけどね。

2005.06.08 07:10 | 逆境ナイン | トラックバック(-) | コメント(2) |
水着についてはとりあえず、ひと段落。
またいつものブログに戻ります。いま・・ほりコレがアツいです!

六月カレンダー。
アジエンスなまきまきと六月を過ごせます。スクールカレンダーもあるから、どこでもまきまき~♪って。でも、カレンダーたくさんあっても今日は何日?てなるかもしれません。なんっでって、カレンダーじゃなくてまきまき見ちゃってるから。ご注意を。

雑誌情報更新。
CIRCUS(6/4) ←見ました
POTATO(6/7) 
日経クリック(6/7)
SPA!(6/7) (セブンイレブンのみ)
バアフアウト!(6/17)
サンデーGX(6/19)
アップトゥボーイ(6/23)
Street Jack(6/24)
Audition(7/1)
De-View(7/1)

これみて、何か思いませんか・・?
そーです!明日6/7に三誌も出ちゃうんです!!!!! まさにデンジャラス。セブンのみってのもあるなー。でも今日スピリッツ二冊買っちゃったし・・。部屋にもうまきまき雑誌置くスペースないです。どーしたらいいですかね。あと注目してるのが「ほりチャレ」のアップとjackかなぁ。サンデーGXはgk9関連?ちなみにCIRCUSはね、いいですよ。5Pあります。ちょっと「恋する日曜日」を思い出したのって僕だけでしょうか。・・あれ?CM NOWって今月でないんだっけ。明日たいへんだ~ んもーへもい

トピックス更新。
MTV「M size」公開収録にまきまきゲスト出演決定!!!だ、そうです。
もう応募受付終わってるので詳細書きません。放送日は7/2。

ダイアリー更新。
メールちゃんと見てくれてるみたいですね。まきまきが読書好きって今じゃみんな知ってるし。
『深紅』読み終わしてぇ~。。あと150Pくらいかな。でも「読書する時間あるならブログの更新」・・ってダメだこりゃ~。あ・・CXの「電車男」のCMこないだ見たんですよ。伊藤さんと伊東さんしか出てませんでした。山田葵はまだですかぁ?キャラがも~相当気になってますから~。



※用語説明※
「アジエンス」⇒ 正確には「アジアンビューティ」。黒髪が似合う、肌が白くてきめこまやかで、すっとした人に使う言葉らしい。アジエンスは、シャンプーとかの商品名。しなやかな髪になります。

「ほりチャレ」のアップとjack⇒ 『堀北真希のチャレンジ☆スピリットのアップトゥボーイとstreet jack』を自分で勝手に略したもの。「ほりチャレ」と「チャレ☆スピ」で迷った。

「gk9」⇒ 逆境ナインの略称。

「へもい」⇒ 本上まなみさんの口癖らしい。「イケてない、けど憎めない・愛らしい」みたいな意味だそうだ。なんかノリで使っちゃった。

「深紅」⇒ 管理人ひろがいまチャレンジしている本。
読書の習慣がないコにはちょっときついかも。まきまきこの映画に出ます。

「山田葵」⇒ 電車男でまきまきが演じる役名。勝手ながらツッコミに期待。


情報は、『ほりきたコレクション』HPより抜粋しました。 
2005.06.06 23:30 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(4) |
まきまきの初水着公開について・・。


m29.jpg


「いよいよ」と言うべきかどうなのかわかりませんが、明日6/6発売の『ビッグコミックスピリッツ』にて堀北真希ちゃんの水着グラビア(ピンナップ?)が公開されるそうです。まきまきが水着になることについて、いろんなとこで様々な意見が飛び出しました。明日の発売を控え、今回緊急に僕なりの意見を書かせてもらいます。結構ぶっちゃけて。

何から言ったらいいのか・・。じゃあ、順を追って話すことにします。
最初に『まきまき初水着』て聞いたとき、僕は正直、「えっ なんで?」って思いました。だって、堀北真希ちゃんのイメージって↑のコットンフィールみたいな感じじゃないですか。
要するに、「水着と真希ちゃん」って全然結びつかなかった。そういう発想がまず思いつかなかったんです。

僕は舞見たときから本格的にファンになって、自分なりの「女優・堀北真希」ってものを確立してきたつもりなんですけど、どの角度からみても「水着」ていう言葉は出てこなかった。なんていうか、「水着になる必要性」があるのか?んなもん必要ないじゃん。むしろマイナス、と思ったんですよ。でも・・それはどうやら思い違いだったみたいで。

皆さん、「堀北真希blogⅡ」さんの過去ログみましたか?
まきまきの水着について書いてある、あれです。僕もblog始めたばっかで、よく真希blog掲示板に書き込みしてた頃。僕最初思いっきり否定してたんですけど、あれを見てからだいぶ考え方変わりました。言い換えると、楽になった。・・そもそも、「水着になる」っていうことを何か勘違いしてたんです。誰かが言った、「水着も真希ちゃんを飾る衣装の一つにすぎない。」・・うん、そんな感じです。Tシャツもワンピもキャミも制服もパジャマも浴衣も水着も、どれも結局、まきまきを引き立たせてくれる衣装なんだ・・と思えるようになったんですよ。僕は新一さんみたいな情報収集力ないので、こういう考え方の方向性を示してくれたこと、本当に感謝してます。

で・・まぁそんなこんなで毎日まきまきのことばっか考えて過ごしてたワケですが。
例のMCさんでの一連の議論。(討論?)あれは熱かった~。賛成vs反対みたいになってましたし。僕もちょこっと参加させてもらいましたけど、四方八方から意見が飛び出して驚きました^^;
あんな熱い討論、僕はMCさん入って初めて見ましたし。(レスが100近いのも)・・でも1つだけ言えるのは、『みんな堀北真希ちゃんが大好きなんだ』っていうこと。きっとそれは間違いない。どの意見も、その人の立場になって考えれば、大体は「確かにそうかも」って思えるんです。(中傷的なのは除いて)完全否定できないんですよ。それは、レスした皆さんが真希ちゃんを本当に好きで、本気で真希ちゃんのことを考えてそれぞれが出した言葉だから。言葉も立場も違っちゃってるけど、心の根底にある『真希ちゃん大好き!!』みたいなものはみんな同じなんじゃないか・・と。そう思います。



なんにしても、明日楽しみ~。絶対に水着のまきまきも可愛いだろうし、癒されちゃうな。
ていうか、コットンフィールのCMがやっぱ一番好き。セリフなくても好き。ふんいきがすてき。
大山なつのCD買おうかな。



いつも言えなかったけど・・
こっちが応援してる以上に、毎日まきまきから元気もらってるよ。ほんとにありがと~ aicon_bbs01.gif

2005.06.05 22:42 | 堀北真希さん | トラックバック(-) | コメント(0) |
二日目。すがすがしい朝。 6時の始発で高千穂鉄道に乗り込む。

昨日から気になっていたあの鉄橋のことを、早速車掌さんに聞いてみた。
「あの、途中で通る陸橋あるじゃないですか。あれって~ あそこのポスターで見たらすごく高かったんですけど・・。」
「ハイ、水面から~・・約105mあります。東洋一ですね。」
「あっ そうなんですか。東洋でいちばん、高いところ。」

実は、高いところが苦手な真希ちゃん。
「高いとこ苦手」って、チャレンジ☆スピリットとかほりコレダイアリーでも聞いたな。ほんとに苦手なんだなぁ。でも東京タワーは登れるんだよねー。僕は下ガラス張りのとこ立つの怖かったなぁ。

「きたぁ、出口だ」
トンネルを抜けると、鉄橋にさしかかる。
電車は徐行しながら走り、東洋一の風景を充分堪能できた。
「うわ・・・おぉ~ すごい。ちょっとコワイ。」
実は、ちょっとどころじゃなく怖かったみたい。さすが、東洋一はダテじゃない。


高千穂に到着。・・しかし、問題発生。
高千穂から、南阿蘇鉄道に乗り継ぐ線路がなかったのだ。すかさずまきまき質問。
「次、この南阿蘇鉄道に行きたいんですけど、どうしたらいいですか。」
駅員さんの話によると、バスが出ているらしい。仕方がないので、高森駅までバスで移動。


ここで、思いがけず楽しい(カワイイ)イベントに遭遇。


「か~わ~いい。かわいいっ」 

20050601064211s.jpg


黄色いユニフォーム(?)を着たさるが、くす玉を割ろうとしていた。その様子がなんかほのぼのとして、まきまきも思わず「かわいいっ」ってゆっちゃったんです。今日は、トロッコ列車「ゆうすけ号」が今年始めて運転を開始する日だった。結局、割ったのは小っちゃい子供達だったけどね。aicon_bbs02.gif


高森から立野まで、トロッコ列車はゆっくり、のんびりと走っていく。風がじかに入ってくるので、ちょっと寒かった。途中、<南阿蘇水の生まれる里 白水高原>の看板を発見。
「これぜんぶ、駅名? 長い!」
トロッコ列車も、長い駅名も初めて。短い旅は終点を迎え、トロッコ列車に別れをつげた。


立野駅にも、赤と白のカラフルな電車があった。
ここから熊本→八代へ行き肥薩線へと乗り換えるのだが・・なんと乗り換え時間が二時間以上。(!!)ちょうどお昼時なので、休憩できるお店を探すことに。タクシーの運転手さんなら、いろいろ詳しそうだ。


「すいません。えっと~、ちょっと駅の近くで、ん~とぉ おいしいものを食べたいんですけど」
「あ~、これ左、右手にあります」
「何があります?・・こまつ?」
「結構おいしいですよ」
「おいしいですかぁ」


早速、教えてもらったところに行ってみると、和食屋さんだった。・・ここでまきまき、入り口に着いたところで何故か笑い出す。何があったのか!?

『本日は五時より営業』

なんと、店が休憩していた。これじゃあ仕方ない。それを見て真希チャンつぶやき。

なんだよぅ。ウフフ、なんでぇ~?」


実際観た人はわかると思いますけど、この一言はめっちゃハマります。残念そう、だけどどこかその状況を楽しんでるよーな。あぁ、ファンでよかった~。可愛いし。


しょうがないので、次のお店を探す。すると、レストランを発見。入り口の取っ手に手をかける。
・・しかし!


「あれっっ」 


・・やっぱり開いてなかった。aicon_bbs05.gif


「くそぅなんでだよー。おなかすいた、フフフ」


参ったな。こんなに可愛らしい「くそぅ」、初めて聞いた。これも、真希チャンだからこそ。
くそぅ、かわいいなぁー。負けました。


結局、お昼を食べそこなった。時間なので、肥薩線で移動。30分ほどで、瀬戸石に着いた。
「な~んもない。」 駅の周りには何もなく、川の音が聞こえるだけだった。この川は、日本三大急流の球磨川(くまがわ)だ。よ~く辺りを見回すと、一艘の舟と、一人のおじいさんを発見。好奇心旺盛な真希ちゃんは、当然のごとく話しかけるのだった。


kumagawa4s.jpg
日本三大急流の一つ、球磨川。真ん中にある橋は、肥薩線が通るらしい。


「こんにちは。・・その舟、誰が乗るんですか」
「どうぞ、お客様渡しますので」
「あ、渡し舟ですか?へぇ~ え、私乗っていいんですか?」
「注意してね足。あぶなかけん」


このおじいさんは、「くまかわ八郎」さん(名字変換できない;)といって、球磨川で30年も渡し舟をやっているらしい。今では一日数人しか利用しないけど、橋がかかる前・・昔は、貴重な交通手段だった。くまかわさんは、慣れた手つきで舟をこぎ始める。

「今はでも、こうやって舟に乗る人っているんですか?」
「・・はい?」

そう言ってくまかわさんが振り返った瞬間、


「いや、大丈夫ですよ?」

・・いや、舟が揺れたんですよ。そのときの真希ちゃんのリアクションがあまりにも素でよかったので・・。でも怖そうというか、その状況を楽しんでいるようにも見えた。


やがて、対岸に到着。
東京出身の16才の高校生と、球磨川の渡し人という日常ありえないような組み合わせの二人。岸の近くにあったくまかわさんの家に入れてもらうことになった。


「こんにちは。あ、これまきストーブですか?」
「火が燃えんときに、こうやって吹くんですよ。フーッて」

八郎さんの妻、ハルコさんが温かく出迎えてくれた。
ここでも春を発見。まきまき・まき駅・まきストーブ・・偶然かな??


「仲良しのひけつ、ってあるんですか?」
「いっぱい飲ませば元気になるよ、フフフ」


奥さんの言葉に、八郎さんは静かに笑っていた。
その笑顔に、幸せの意味がこめられている気がする。


お昼を食べそびれた真希チャンに、奥さんが手料理をおすそわけしてくれた。天気も悪くないので、外でご馳走になることに。

「うわぁ、すごいたくさ~ん。おいしそ~う」
和食が好きなまきまきにとって願ってもないメニュー。
「あ、筍ですね、これが。 おいしい~」
筍をおいしそうに食べる八郎さん。
「おいしいですか?」
「おいしいよ。ハハ」


八郎さんも奥さんも、珍しい来客に嬉しそう。
球磨川を背景に和む姿が、なんとも微笑ましかった。

静かに・・しかし確実に時間は過ぎ、お別れの時が来た。岸まで送ってもらうと、最後に真希チャン「いつまでも、仲良しでいて下さい」と一言。二人はその言葉にうなずき、手を振ってくれた。
旅はまだ長い。


再び、鉄道の旅。瀬戸石を出て、人吉をめざす。
いたずらっぽい笑顔を浮かべる真希チャン・・今度は何?


「となりあいてますよ、となり開いてます」

20050604134824s.jpg

その声に、高校生反応。

「ここはやっぱ~、おれが行くしかねぇ。キャプテンの俺が」
一人の男子高生が、周りにはやし立てられながらまきまきの隣の席に座る。どうやら、カヌー部の高校生らしい。日本三大急流の球磨川ではラフティングとかもやってるらしいですよね。高校にカヌー部があるっていうのも、納得。

「私は~ 東京から来たんですけど、東京行ったことありますか?」
「東京は~修学旅行のときに。」
「あっ どこ行ったんですか?」
「東京タワーしか行ってなくて」
「東京タワー?へ~どうでした?いいと思いました?」
「いや住みたいです、ハイ。」
「住みたいですか?私は、こっちの方が住みたいです」


カヌー部主将、東京タワー行ったんだ。「ノッポン君」にも会えたのかな~?(笑)同年代の子と楽しく話しているうちに、人吉駅に到着。


駅に着くと、アナウンスと同時に何やらよく通る声が聞こえてきた。お弁当屋さんだ。

「大きい声ですねぇ」
「お客さんに伝わるように、中までね」
「いい声ですね~」

この人、相当なベテランみたい。声の通り方が違う。お弁当は、「くりめし」と「あゆずし」を売っているらしい。真希チャンは、「くりめし」を買うことに。そこで、おじさんはオマケにミニチュアの弁当箱をくれた。オマケってもらうと結構嬉しかったりするんですよね。僕子供の頃、Jリーグカードのために菓子買いまくってました。無謀ですね。


「この辺りで~、何かおもしろそうなところありますか?」
「そうですね~ 今日から明日にかけて、桜まつりやってますから」
「桜まつりですか!もう桜咲いてるんですか?」
「まだちらほらですけどね」


どうやら運を味方につけているみたい。春の代名詞、桜が見れる。行き先は、『さくらまつり』に。
テンガロンハットをかぶった姿がキマッている駅員さん。切符は手作りらしい。

「エヘへ、手作りきっぷだ~」


手作りの暖かみ。これはなかなか都会では味わえない。
これから順調に行けるかと思ったが、ここでこの旅最大の選択を迫られることになった。くま川鉄道の終点は、行き止まり。乗り継ぐ線路がなく、『一筆書きの旅』ではなくなってしまうのだ。
「一筆か、桜か。」・・でも、切符も買ったことだし、桜は捨てがたい。かっこいい帽子の駅員さんに見送られ、『桜まつり』へと電車は走り出す。もう午後6時半だ。


ここからは、『ほぼ一筆書きの旅』。
くま川鉄道の車内は、真希チャンいわく「なんか広い」。さっき買ったお弁当とオマケを開けてみる。
「おおー、おんなじ~。栗あま~い」栗がたくさんのってて、おいしそう。


時刻は7:19。終点湯前に到着。看板にも、この先の行き先は書いていない。
会場では灯りがともされ、お祭りが行われていた。うきうきする真希チャン。・・と、そこへ!


「うわ、きた!」

今まで見た中で一番近くてキレイで、大きな花火が上がった。
祭りと花火・・こういうシーン見ると、前作の「まき夏祭り」思い出すなー。あの時も夜で屋台が並んでて、花火が上がって・・。お祭りと花火は「少女と鉄道」恒例ですね。ある意味欠かせないものになってます。


屋台をねり歩く。やっぱりお祭りの雰囲気っていいものだ。

「あ、そうだ。すっかり桜を忘れてた」

屋台の子供達と少し雑談したあと、思い出したように桜を探す。
しかし、桜は咲いていなかった。・・九州の春はまだ少し先らしい。


20050604173918s.jpg


代わりに、雰囲気を少しでも味わうために桜もちを買って食べた。


「・・うん、おいしい。」




明日は三日目。 その先の私は、まだ。
2005.06.01 07:11 | 少女と鉄道 | トラックバック(-) | コメント(5) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。