堀北真希diary

堀北真希にささげるブログ。             

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
改めて、NONFIX その先の私を見に。~少女と鉄道・2005春~ を振り返る。そして感想・・

20050620220406s.jpg

今回のNONFIXについて、「予感」から「旅の終点」まで書いてきました。
これで、僕自身「その先の私を見に。」について詳しく振り返ることができたし、新たな発見もありました。放送見れなかった方もこれ見て少しは雰囲気つかんでもらえたんじゃないかなー、と勝手に思ってます。

実は今回、番組放送直後にアンケートをちょこっととらせてもらってたんですよ。ホント一日ぐらいしかやってなかったんですけど。その中からいくつか紹介させてもらいますね。質問の項目はいくつかあったんですけど、作品についての評判は上々でした。今回も堀北worldにハマッた方は多かったようです。その中で、最後にこんな質問をさせてもらいました。

☆今回の作品を観て、堀北真希さんに対する印象は変わりましたか? (以下回答)

●以前よりも女性らしくなったと思う。
●優等生のイメージに、よく笑う子というイメージが加わった。
●大人っぽくなった。意外にしっかりした考えをお持ちのようです。

「前作とは少し違ったイメージを持った」という方が多かったみたい。
これは堀北さん自身が少し変わったからでしょうね。番組の雰囲気とかはそのまま、だった気がします。あのCMの入り方がすっごく好きなんですよ。僕的にゾクッとくる演出です~ (^^

20050625063206.jpg
こちらとあわせて、もう一度改めて見てみるのもいいかも。きっと新しい発見があります。
今回のアンケートにご協力頂いた方々、ありがとうございました! m(__)m


ここからは、僕個人の意見&感想。

まず、「予感」で書いたように、本気で今回のNONFIXに真希チャンが出るとは思ってなかったんですよ。可能性30%ぐらいにしか思ってませんでした。ほりコレにも発表ありませんでしたし。・・そこにほりコレの会報が来てはじめて、予感が確信に変わったんです。

オープニングからサラッと本編に入ってくのがNONFIXの特徴ですよね。
一日目が一番「旅」っぽかったですかねぇ。純粋にいろんなとこへ行って、いろんな景色を観ることを楽しんでる感じ。田主丸の菜の花畑はキレーだったなぁ~。時間がゆっくりと流れていきます。高千穂鉄道の、「空を飛んでるみたいだった」というのもいい表現ですね。菜の花畑の「絵本の中に入ったみたい」と合わせて幻想的。「まき駅」は、次回も登場するんでしょうか。(^^

二日目は、内容濃かったですね。
ここで「高いところニガテ」ってバレましたね。でもそんなに怖そうには見えなかったけど。・・で、例の「なんだよぅ」。(笑)これは演出じゃないですよねー。(^^; 改めて思ったけど、真希チャンリアクションいいー!反応がおもろいし、カワイイんですよね。渡し舟のくま川さんと会った時のビミョーな空気もNONFIXならでは、でしょう。。あの夫婦との出会いも、何かを伝えてくれた気がします。カヌー部部長(副部長?)と話すところもいいですね~。「私、もうすぐ二年生です」って言って拳で手をポン、と叩くのはすんごい良いリアクション、というかセンスですよね。「さくらまつり」で桜を見れなかったのは残念だけど、そんなとこがまたNONFIXらしい・・というか。このあとのCMの入り方いいな~。DVDでもカットしないでほしいです。

三日目。
少年に語りかけたときの「知らんよ~」で、なんか『女性』というか『お姉さん』だな~って思いました。実際、三姉妹の長女ですしね。今回は子供に話しかけるシーン多いです。次の真幸駅での、「ありがとうございま~す。幸せになります」を聞いたときは、ほんと心から幸せになって欲しいなって思った。それで・・平和記念館でのシーンですよね。NONFIXのHPである程度覚悟はしていたんですが・・いろいろ話があって、最後に真希チャンが「ありがとうございました」って言ったときに、僕もちょっとだけ泣けちゃいました。なんていうか、『川口さんが話してくれた内容に対して』じゃなくて、そういう話に素直に涙したり、流れる涙を拭おうともせず真剣に話を聞いている姿を見たり、最後に聞き終わった後の何か自分の中でひとつ解決したような、納得したような表情を浮かべたのを見たときに、「あー、この番組見れて幸せだな」とか「堀北真希ファンで良かったな~」って心底思ったんですよ。

四日目・・最終日。
えびせん投げて、「もうやだ」っていいシーンだなー(^^ 今回は真希チャンの素のリアクションってのが結構見られた気がする。作家 村上龍の一連のエピソードは、読書好きということで前作の宮沢賢治と合わせて設定されたのかな?「自分を見つけ出す」っていう意味では目的に沿ってますよね。


「その先の私は、ずっと笑顔でいられる気がした。」
いーい言葉です。今回の旅で、真希チャンは何を感じて何を掴んだのでしょうか・・?
スポンサーサイト
2005.06.26 07:43 | 少女と鉄道 | トラックバック(-) | コメント(4) |

ひろさん、NONFIXの記事、お疲れ様でした!!とっても楽しかったです!

>放送見れなかった方もこれ見て少しは雰囲気つかんでもらえたんじゃないかなー、と勝手に思ってます。

つかめました(笑)DVD発売が待ち遠しいです。

2005.06.26 23:46 URL | 青池 #.//Hucbg [ 編集 ]

雰囲気つかめました?そりゃー何よりです。
書いた甲斐がありました。
DVDはいつ出ますかね・・予想は9月頃なんですが。

気が付けばもう7月、ですね・・。
ほんとあっという間。

2005.06.27 01:57 URL | ひろ #- [ 編集 ]

まだ最終決定ではないのですが、7/20-7/22に、「少女と鉄道」をたどる旅の続きに行けそうです。
山形-盛岡のルートを予定していて、「少女と鉄道1」の重要なシーンである、南部縦貫鉄道の跡地も見に行く予定です。

2005.07.04 22:05 URL | えんどう #ouBwuego [ 編集 ]

>えんどうさん
「その先」の続きですね(^^
レポが非常に詳細なのですごく参考になります。
ということは、ラベンダーソフトとかも食べる予定ですか~?
なんか少女と鉄道Ⅰ見たくなってきました。

2005.07.04 22:22 URL | ひろ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。