堀北真希diary

堀北真希にささげるブログ。             

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「深紅」の話題。
この間のマシューTVに内山理名さんが出たらしいですね。
当然深紅のPRをかねての出演でしょう。個人的には真希チャンとWで出てもらいたかったんですが・・確か「ナイナイサイズ」とかにも出てた気が。深紅、フィーバー中。

自分がたしか高校生ぐらいのとき内山理名すっごい好きな奴がいて「R-157」ていう写真集学校に持ってきてみせびらかしてたような記憶があるんですよ。ぶっちゃけ自分的にはあまり彼女に惹かれるものがなかったんで全然ノーマークだったんですが、いまなんか魅力的な女性になりましたね。みてくれがどうの、っていうよりも雰囲気っていうか立ち振る舞いが素敵なんですよ。なんか落ち着いたとこが真希チャンと通じるものがあるような。「凛とした」ってやつですね~。

そんな内山理名さん主演で真希チャン出演の話題の映画、「深紅」。
自分は原作読んだんですが、まだあと1/3Pぐらい残ってるんですよ。ほんとは全部読み終わしてから観たかったんですけど、かえって最後の方はみてないほうが楽しめたかなー。

かなり暗い内容で主に「復讐」とかがテーマになっているサスペンスなんですが、原作に忠実に再現されていたと思います。内山理名さんもそうですけど、水川あさみさんは適役でしたねー。バーテンダーなんですけど、アイスピックで「あっちいけ!!」にはさすがに固まりましたよー。怖すぎ。あとはまぁ・・そうですね、最後は「いちおうハッピーエンド」です。やっぱり二人ともお互いを知っていたんですねぇ。エンドロールの北出菜奈さんの曲がとても壮大で印象的でした。

あとは秋葉泰子こと、真希チャンの感想ですが。
「少女時代」のみの設定だったので最初に少しだけ出て終わりかなーと思ってたんですが、とんでもない。。メインはもちろん最初のタクシーのシーンなんですけど、内山さんにバトンタッチした後もちょこちょこ真希チャン出てます。回想シーンが多いんですよ。そこがキーポイントでもあるんですが。僕は演出家でもなんでもないので演技がどーこーっていうのはわからないんですけど、「自分なりの秋葉泰子」を一生懸命演じているなぁっていうことだけはすごく伝わってきました。

「みんなごめんね、私だけ生きてて」

このシーンを見た瞬間、原作読んでたせいもあるんですけどなんか切なくて悲しくて、目の前が潤んできました。涙、というほどではなかったんですけどね。というかその前の殺人犯の日記を布団の中で読みながら真希チャンが泣いているシーンを観てかなりきてたんですよ。
「泣きのシーン」の中では一番涙を誘われました。あれは迫真です。


一つだけ注意点。
けっこう凄惨なシーンが多いので、血とかがダメな人は覚悟してみた方がいいかと思います。

・・でもでも、ぜひ観て下さい。原作も、映画も、秋葉泰子も。
スポンサーサイト
2005.09.21 06:58 | 深紅 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。