堀北真希diary

堀北真希にささげるブログ。             

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
少しためらいながらインターホンを押す。
「あの・・」



一言喋る前に、門の鍵が開いた。
門を開けゆっくりと家の前に進む優奈・・




そして玄関のドアから出てきたのは・・車イス姿の真吾だった。

20060319212820.jpg


「こんにちは、タローさん。」

「どうしてわかったの?」

「私が事件のことを話したとき、
 『真吾は障害を負った』としか言わなかったのに、最後のチャットのとき
 タローさんは『車イスだ』って口をすべらせたから。」


「・・そっか。」






20060319212918.jpg

「・・どうして?何であたしのために?
 あたしのこと恨んでるんじゃないの!?



「そりゃ、はじめは恨んださ。
 でもある日たまたま君のことを知って『タロー』として接していくうちに、
 君がどれだけ苦しんでるかを知った。
 あの事件で苦しんでるのは自分だけじゃない、
 ・・そう思ったら、君をそのままにしておけなくて。」


「もとはといえば僕の心の弱さのせいだ。
 あのときの心の弱さが、結果として君をこんなに苦しませてしまった。
 顔をあわせる資格なんて、なかったんだ・・。」

  
「ほんとうに、すまなかった。」
「真吾・・」


20060319213050.jpg


「人には二つの顔がある。そう教えてくれたのは真吾じゃない?
 あたし、二年前のあのときの真吾が真吾のすべてじゃないって思ってる。
 あたしを励ましてくれたタローさん、あれがほんとの真吾なんじゃないかって・・
 そう思ってる。」


「本当に・・・ごめんなさい。」
スポンサーサイト
2006.03.19 22:07 | 翼の折れた天使達 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。